糖質ダイエットと防風通聖散

低糖質ダイエットは効果がありますが

私が今までダイエットに成功した方法は夕食を軽くして、夜食を食べない方法でした。
少し前もその方法で痩せたのですが、長続きはしませんでした。

 

というのも、夕食が少ないことで、夜遅くまで起きていると、どうしてもお腹が空いてきてしまいます。
私は夜間に仕事をしているので、どうしても途中でお腹が空いてしまいます。

 

そこで、食べるのを我慢してしまうと、頭が働かなくなり、仕事の効率が下がってしまいます。
なので、最近は夜食を食べてエネルギーチャージをしています。

 

最近のお気に入りの夜食はおにぎりです。
普段はおにぎりを食べることがあまりないので、夜食で食べるととても美味しく感じられます。

 

結局、夜食を食べてしまうと1日、4回の食事になってしまいます。
また、夜に食べるとどうしても太りやすくなってしまいます。

 

そこで、夜食はなるべく午後9時までには食べるようにし、そのあと2時間以上は起きるようにしています。
夜食までは行かなくても、ちょっと小腹がすいた時に、夜食用としてお菓子を食べていたこともありました。

 

ですが、お菓子だと満足感が足りずに、頭も上手く働かないので、あまり効果が出ないような気がしました。
ご飯は炭水化物で糖分もあるので、頭の働きを高める為にも必要だと思いました。

 

最近は防風通聖散を使ったダイエットを始めてます。そのためには低糖質ダイエットは効果がありますが、やはり炭水化物はある程度必要だと感じています。
防風通聖散を使ったダイエットできる方法は他にもあると思うので、自分に合った方法を見つけてやっていきたいと思っています。

 

糖質制限ダイエットは短期集中型ダイエット

糖質制限ダイエットは長期的にするダイエットには向いていませんでした。
その理由は、パンやご飯、麺類などの主食を制限しなければならず意外とストレスが溜まるのと、糖質は主食以外にも、野菜、果物、調味料と幅広い食材に含まれているので、同じ食材で同じ調理法で食べることがどうしても増えてしまうので味が飽きやすく、糖質制限ダイエット自体に嫌気が差しやすくなってしまうからです。
ほかにも、自炊派の人には向いてるダイエットですが外食好きの方には、糖質が少ないメニューが案外少ないためなかなか外食ができないのも悩みです。
飽きやすく、細かい食事制限と、ある程度の知識が必要なので糖質制限ダイエットは長期的なダイエットには向いていないという印象でした。
1ヶ月〜3ヶ月後に水着を着るためになど、短期的に痩せたいという時にはとてもぴったりなダイエットでした。
また、通常のダイエットではお肉はあまりよくないと言われていますが、糖質制限ダイエットでは逆にお肉は糖質が少なく高タンパクなのでぴったりな食材です。
短期的に体重を落として、筋肉や胸を落としたくない人にはとてもよいダイエットだと感じました。
筋肉を落とさなくていいので、短期的に食事制限をしてもリバウンドをしにくく、ダイエット後多少暴飲暴食をしても体重が増えにくかったのもよかったです。
いも類や果物をあまり取れず、便秘になりやすかったりするので長期的なダイエットには向きませんでしたが、短期的に糖質制限ダイエットを取り入れることで太りにくい体質に変わった気がするのでダイエットしてよかったです。

 

防風通聖散はそんな体質改善にはピッタリだと思っています。


このページの先頭へ戻る